無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

好きじゃない 2話
ウォヌ
ウォヌ
ただいまー
ミンギュ
ミンギュ
あ、ウォヌヒョンおかえりなさい
ウォヌ
ウォヌ
…お前まだ家にいたのか
ミンギュ
ミンギュ
えぇ
ウォヌ
ウォヌ
今日も泊まるのか?
ミンギュ
ミンギュ
はいっ、あとやりたいことがいくつもあるので一緒にやってくれませんか?
ウォヌ
ウォヌ
…なにそれ
ミンギュ
ミンギュ
1つ目は手料理を食べてもらうことです

ミンギュは料理を並べていく
ウォヌ
ウォヌ
…凄いな
ミンギュ
ミンギュ
あーん…
ウォヌ
ウォヌ
ミンギュ
ミンギュ
…あーん
ウォヌ
ウォヌ
あ…ん
ミンギュ
ミンギュ
美味しいですか?
ウォヌ
ウォヌ
モグモグ…うん
ミンギュ
ミンギュ
ふふっ、良かったです
そう言って優しく笑う
ウォヌ
ウォヌ
ミンギュ
ミンギュ
もっと食べてくださいっ
ウォヌ
ウォヌ
あ、あぁ
ミンギュ
ミンギュ
…口に合わなかったですか…?
ウォヌ
ウォヌ
…え、いや、美味しいよ
ミンギュ
ミンギュ
さっきから心ここに在らずって感じですけど…
ウォヌ
ウォヌ
…急にやりたいことあるって言われたら誰でも考えちゃうだろ
ミンギュ
ミンギュ
あぁ、気にしないでください、単純にやりたいことを急に思いついただけなんで
ウォヌ
ウォヌ
…そっか