無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

記念日 9話
ジョンハン
ジョンハン
……
あまりにも素敵すぎるプロポーズに未だ放心

状態のジョンハン
シュア
シュア
その指輪の裏側には、俺の愛する人の名前と愛の言葉が入ってるよ

入れてもらった指輪をゆっくりと抜き

裏側を見る
ジョンハン
ジョンハン
ふふっ、単純な言葉だな
シュア
シュア
単純な言葉ほど深い意味が詰まってるんだから…
ジョンハン
ジョンハン
なんだよそれ…笑
シュア
シュア
ネックレスになるようになってるから
ジョンハン
ジョンハン
いつでもつけてられるね
シュア
シュア
あと…その指輪のかわりの指輪が薬指に入る時が俺たちが結婚する時だよ
ジョンハン
ジョンハン
な、何恥ずかしいこと言ってんだよ//
シュア
シュア
別にいいでしょ



そんなシュアの恥ずかしい言葉にときめいた

ことはきっと今もこれからも言わないと思う

こんな完璧な彼氏をもってたらこれから大変

だけど…











薬指に次の指輪が入るまでは

待っていようと思う





























* "Jeonghan ILoveYou."