無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

記念日 14話


シュアの居場所は分からない

でも、練習室にいてくれるかなぁ、なんて

考えながら歩いていく



練習室は俺たちが初めて想いを伝えあった場

所、なんとなくエイプリルフールの気分で、

ふられたら嘘だと言おうなんて思いながら告

白したら、案の定今回みたいに12時をすぎた

時に言ってしまっていた



それに気づかず、真剣に告白していた俺に
シュア
シュア
うん、俺も好き…付き合ってくれるってことでいいの?

そう言って、シュアが答えたことで俺たちは

恋人同士になった…





🚪ガチャ…