無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第210話

おまじない 12話
ジョンハン
ジョンハン
…どうかした?
ドギョム
ドギョム
ミンギュがいない
ジョンハン
ジョンハン
…え?
ドギョム
ドギョム
一昨日辺りに家に来たのに朝起きたらいなくなってた
ジョンハン
ジョンハン
……
ドギョム
ドギョム
あ、もしかしたら何も言わずに仕事に行ったのかも、電話してみます
ジョンハン
ジョンハン
…待って


連絡先一覧からミンギュを探す


ドギョム
ドギョム
…あれ、いない
ジョンハン
ジョンハン
…ねぇ
ドギョム
ドギョム
そういえば仕事も行ってないのに連絡こないし…ていうかなんで忘れてたんだ?
ジョンハン
ジョンハン
……


ふと、ヒョンの方に視線を向ける

ドギョム
ドギョム
あ、1人で騒いでごめんない
ジョンハン
ジョンハン
…ごめん
ドギョム
ドギョム
…え、なにが?
ジョンハン
ジョンハン
なんでもない
ドギョム
ドギョム
…じゃあ、なんでごめんって
ジョンハン
ジョンハン
なんでもないから
ドギョム
ドギョム
…心配だよ
ジョンハン
ジョンハン
……


黙り込んでしまった。


何か話しを切り出した方がいいのだろうか

ドギョム
ドギョム
ヒョン、あの…
ジョンハン
ジョンハン
ハグしよ、恋人らしく
ドギョム
ドギョム
あ、うん
ジョンハン
ジョンハン
…ごめん
ドギョム
ドギョム
……


少しずつヒョンの様子がおかしく感じるようになってしまった



きっとヒョンに逢えてるこの状況に

疑問を抱いたりしたらいけないんだと思う



少しずつ感じられなくなるヒョンの温もりにも