無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第211話

おまじない 13話

ハグをした


それほど長い時間した訳では無い


でも、3時間たっていた


ドギョム
ドギョム
…早いな
ジョンハン
ジョンハン
…時間?
ドギョム
ドギョム
あ、うん
ジョンハン
ジョンハン
…はぁ
ドギョム
ドギョム
…ヒョン?
ジョンハン
ジョンハン
気持ちの整理が着いたよ
ドギョム
ドギョム
…?
ジョンハン
ジョンハン
あのね、僕達が会えてるのは七夕のおまじないのおかげなんだ
ドギョム
ドギョム
それって
ジョンハン
ジョンハン
でも、おまじないの効果は七夕の夜だけ
ドギョム
ドギョム
……
ジョンハン
ジョンハン
まぁ、話してもきっと忘れちゃうと思うけど
ドギョム
ドギョム
…なんで?
ジョンハン
ジョンハン
…時間の進みが早いのも、友達が居なくなってるのも、もうすぐ元に戻るから安心して
ドギョム
ドギョム
それって、どういう…
ジョンハン
ジョンハン
ねぇ
ドギョム
ドギョム
ジョンハン
ジョンハン
最後に愛してるって言ってよ
ドギョム
ドギョム
…え
ジョンハン
ジョンハン
……

ヒョンはただ、一言言うと


何も言わず黙り込んでしまった

ドギョム
ドギョム
…ジョンハニヒョン、愛してる
ジョンハン
ジョンハン
……
ドギョム
ドギョム
…!?

愛してると伝えると、ヒョンが泣き出してしまった

ドギョム
ドギョム
ヒョン…?
ジョンハン
ジョンハン
ありがとう…
ドギョム
ドギョム
え、あ、うん
ジョンハン
ジョンハン
…もうすぐ起きる時間だよ、この夢も終わる、じゃあね
ドギョム
ドギョム
何言って…
ジョンハン
ジョンハン
俺も愛してる…
ドギョム
ドギョム
ヒョン?ヒョンってば…











ドギョム
ドギョム
…ヒョンっ


気がつくと、僕はベッドにいて



ヒョンはいなくなっていた