無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

#3
渡辺side


俺は涼太に告白するかどうか友達の深澤辰哉に相談することにした。
渡辺翔太
……って訳なんだけどさ
深澤辰哉
ふーん、舘さんのこと好きだったんだ
まぁずっと一緒にいれば好きに
なっちゃうよね笑
渡辺翔太
うん笑
深澤辰哉
俺は告白していいと思うよ?
渡辺翔太
まじで!?

軽くふっかの紹介しとくと、俺らと同じ大学で、
いつメンの一人。後でそのいつメンは紹介するわ
深澤辰哉
だって、誰かに取られる前に思いくらいは伝えた方がいいでしょ!
渡辺翔太
まぁな…
深澤辰哉
だから告白しちゃえ!
渡辺翔太
お前は本当に軽いなぁ…
分かった。相談乗ってくれてあんがと
深澤辰哉
うん!応援してるからな!


俺は涼太に告白するために、涼太を探しに行った



NEXT