無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

#8
宮舘side

宮舘涼太
そろそろお互い家に帰ろっか。
渡辺翔太
待って!!

帰ろうとした時翔太に呼び止められた。
宮舘涼太
ん?
渡辺翔太
今日俺…涼太の家泊まりたい!
宮舘涼太
えっ!?

付き合って初日。いきなり泊まりたいと言い始めた
翔太に少し戸惑ってしまう。
渡辺翔太
え、あ、、だめ…?

しょんぼりした顔で言ってくるから断れない。
宮舘涼太
そんなことないよ。
泊まるなら荷物準備しなきゃ
渡辺翔太
分かった、じゃ着いてきて!
すぐ近くだから!

翔太に手を引かれ家に向かった。



NEXT