無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

#14
渡辺side


俺は強引にキスをした。
渡辺翔太
チュッ……
宮舘涼太
んんッ…!
渡辺翔太
………(涼太の服を脱がす
宮舘涼太
待って…!

既に理性を失っていた俺には涼太の言葉なんて
耳に入らなかった。

服を脱がして胸の突起物を舐める。
渡辺翔太
ジュルジュルッ……
宮舘涼太
んんっ…///
渡辺翔太
……(突起物を噛む
宮舘涼太
嫌っ……///(イく
渡辺翔太
ん……

涼太の胸の突起物を噛んでやったらあっという間に
イっちまった。俺の服に少しかかったし。
宮舘涼太
あ、翔太ごめん……

俺は何も言わずに涼太の中に指を挿れた
宮舘涼太
!?…イったばっかり…!///
渡辺翔太
クチュクチュ言ってるね(指を増やす
宮舘涼太
言わないでっ……///
渡辺翔太
ここ弱いのかな…(中でかき混ぜる
宮舘涼太
無理…もうイくっ…!(果てる
渡辺翔太
あーあ、またイったの?笑
次は挿れるからね。涼太どうなっちゃうんだろ笑

俺も服を脱ぎ大きくなったモノを涼太の中に挿れた
宮舘涼太
んあ…///
渡辺翔太
かわいい…(徐々に動かす
宮舘涼太
そこやめて…!///
渡辺翔太
涼太はここが弱いもんなぁ?(パンパン
宮舘涼太
ん、、んん…///(イく
渡辺翔太
イくの早すぎ。(腰を振り続ける
宮舘涼太
は、激しいよ…///
渡辺翔太
どうせ激しいのが好きなんでしょ

俺は涼太の弱いところばっかり突く。

そして…
宮舘涼太
もう限界っ…
渡辺翔太
一緒にイこう…?
宮舘涼太
ん…(果てる
渡辺翔太
っ……!(中出し

俺らはお互いに果てて、涼太は今にも
意識がなくなりそうだった。
渡辺翔太
許してほしい?
宮舘涼太
コクッ…(頷く
渡辺翔太
じゃあ俺の前で男と関わるのは控えてね?佐久間達はまだ許すけど康二とか俺の知らねー奴とは関わるの禁止。
宮舘涼太
え、、康二も…?
渡辺翔太
勿論。康二が涼太のこと狙ってるかもしれない。
宮舘涼太
いくらなんでもそれはないよ…
渡辺翔太
あるかもしれないでしょ?
宮舘涼太
……
渡辺翔太
分かったなら関わんないで。

俺はそれだけ言い残しお風呂に向かった。



NEXT