無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

#15
宮舘side


なんやかんやで翌日


起きたらもう翔太の姿はなかった。

帰ったのかな。


宮舘涼太
ん、なんだこれ…

1枚の手紙と思わしき物が。


中を開くと ありがとう。としか書いていない。
宮舘涼太
翔太が書いたのかな。…んー

昨日の翔太を思い出すと少し怯えてしまう。


翔太の前では極力男の人と関わるのは控えよう…


NEXT