無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

#23
宮舘side


ソワソワしているとインターホンが鳴った。



ピーンポーン

恐る恐る開けると翔太が
渡辺翔太
やっほー。上がるね

そう言って家の中に入ってきた。

宮舘涼太
…で、話はなんなの?
渡辺翔太
あー、俺涼太が傍に居ないと不安でさ
同棲しようよって話。
宮舘涼太
同棲はまだ俺らには早いんじゃない?
渡辺翔太
涼太は俺と一緒に住みたくないの…?
宮舘涼太
そういうことじゃなくて…
渡辺翔太
涼太は俺の家に住めばいいよ
だからさ、一緒に住もう?

今思い出した。翔太の実家は大金持ち。

だから一人暮らしをした今も広い家に住んでいる
宮舘涼太
………分かった。

断り続けたら何されるか分からない。

だから俺は翔太と同棲することにした

渡辺翔太
やったー!
じゃあ引越しは…1週間後ね!
宮舘涼太
え!?それ本当?
渡辺翔太
だって早く涼太と住みたいもん。
あ、俺が金は払うから!
宮舘涼太
え、あ、うん…


翔太といると少し疲れてしまう自分がいた


NEXT