無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

#22
宮舘side


家に帰りスマホを見ると……





”涼太??”



”どこいるの?”




”なんで既読がつかないの?”






不在着信







”ねぇ、、涼太!”



不在着信
宮舘涼太
何これ…

翔太から凄い数の連絡が…


俺は慌てて返信をする




”ごめん!会話に夢中になってて…”

そうしたらすぐに既読が。


”今から話したいことあるから涼太の家行く”

…俺翔太を怒らせちゃったかな…



NEXT