無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#5
渡辺side


大学内にある図書館に入ると涼太と佐久間が
話している様子だった。


俺は真っ先にそこに向かう。


すると
佐久間大介
翔太ー!
宮舘涼太
あ、翔太、、ちょっといい?
渡辺翔太
俺も涼太に用があったから…
佐久間ごめん。
佐久間大介
全然平気ー!行ってらっしゃい!


俺らは人気のないところに行った。
渡辺翔太
涼太からいいよ。要件。
宮舘涼太
ごめん翔太から話して貰ってもいい?
渡辺翔太
あ、わかった!

元気に返事をしたはいいが、緊張して最初の文字が言えねぇ……もうどうにでもなれ!
宮舘涼太
おーい、翔太…?
渡辺翔太
俺ずっと前から涼太の事が恋愛感情で好きだった!!付き合ってください!

そして暫く続く沈黙。

あ、、俺の恋終わったんだな……
と、思いきや
宮舘涼太
俺も…実は翔太に告白したくて呼び出したんだけど勇気なくて…笑…翔太と両思いなんて思わなかった!
渡辺翔太
へっ、、?
宮舘涼太
俺たち付き合おう!
渡辺翔太
嘘!!まじ嬉しい!(ギュッ
宮舘涼太
可愛い笑
渡辺翔太
今日から俺らはカップルなんだよね?
宮舘涼太
そうだよ!佐久間には相談に乗ってもらってて…笑
渡辺翔太
俺もふっかに相談してた笑…俺らって似た者同士なんだなぁ
宮舘涼太
そうだね、とりあえず図書館戻る?
渡辺翔太
いや、このまま2人でいよう?
宮舘涼太
分かった!


俺の恋は見事叶い、カップルになりました!



NEXT