無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

#9
渡辺side


俺は涼太に着いてきてもらった。
宮舘涼太
部屋めっちゃ綺麗だね
渡辺翔太
整理整頓しないと落ち着かなくてさ
宮舘涼太
そっか、じゃあ準備したら声掛けて〜
渡辺翔太
うん!


そっから俺は急いで準備をした。


10分後……
渡辺翔太
終わったー!
宮舘涼太
もう!?早いね笑
渡辺翔太
だって、早く涼太の家行きたいもん
宮舘涼太
可愛い…、じゃあ行こっか
渡辺翔太
別に可愛くねーし!
宮舘涼太
はいはい笑

俺は可愛いというよりかっこいいと言われたいから
少し拗ねたら涼太が笑いながらそう言った。




こうして涼太の家に行った。

NEXT