無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

#28
渡辺side


家に着いて俺は涼太に壁ドンした。
宮舘涼太
え、、何?
渡辺翔太
今日から一緒に住むからイケない事も
沢山できるね?
宮舘涼太
…今からするの?
渡辺翔太
俺はするつもりだけど?
宮舘涼太
待って…ならお風呂…
渡辺翔太
涼太は綺麗だから気にしないで。

俺はそう言ってキスをした
宮舘涼太
ん……///
渡辺翔太
チュッ…

涼太が口を少し開けたのを見計らって
俺は舌を入れた
宮舘涼太
んっ……く、、るし…
渡辺翔太
……はぁ…涼太の顔エロすぎ…


俺は涼太のズボンを下ろして大きくなったモノを
舐めた
渡辺翔太
ジュルジュルッ……
宮舘涼太
あっ……だめ…///
渡辺翔太
きもひいい??
宮舘涼太
んんっ…もう無理…///(果てる
渡辺翔太
ゴクッ…おいしい…
俺は微かに微笑みそう言った。


飲み終わったあと俺は我慢できなくなって大きく
なった自分のモノを無理矢理挿れた。
宮舘涼太
んあっ…!///
渡辺翔太
奥刺激されてうれしいだろ…?
宮舘涼太
グスッ……
渡辺翔太
なんか言ったらどうなの?(パンパンッ
宮舘涼太
ごめっ……んあっ…///
渡辺翔太
可愛いなぁ…
宮舘涼太
イきそう…うっ…///(果てる
渡辺翔太
俺も…!(涼太のお腹にかける
宮舘涼太
はぁはぁ、、
渡辺翔太
大好き、、チュッ…
俺はそのまま風呂へ向かった