無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
769
2020/09/22

第5話

あいつの様子
モブ
モブ
先生おはようございます!
猿山 らだ男
猿山 らだ男
おーおはよう。朝から元気だな
モブ
モブ
先生いつもより元気なくない?
猿山 らだ男
猿山 らだ男
……気のせいだよ。ほら急いでいかないとお前は今日日直だろ?
モブ
モブ
あっ!そうだった!
モブ
モブ
私も花壇の水やりしないと!!
タッタッタッと足音を立てながら生徒達は教室に入っていく。廊下を走るなと他の先生に注意されても笑顔で返す生徒達が多い
猿山 らだ男
猿山 らだ男
元気だなぁあいつら……はぁ……。
鳥井 希
鳥井 希
…………。
6年1組のクラスはいつも騒がしいやつが大人しくなっていたことに注目している。
それはよく、猿山らだ男先生にちょっかいをかけている鳥井希と言う男の子だ。
彼は底辺なイジメみたいなことを良くしているがそれが構って行為だとは誰しもが知っているぐらい有名な子供でもあった。
それが気になった友達が希に声をかける。
捏島 孝行
捏島 孝行
ゾム、さっきから大福みたいなほっぺになってんで
鬱島 大
鬱島 大
例えが幼稚園生
捏島 孝行
捏島 孝行
は?
桃瀬 豚平
桃瀬 豚平
コラコラ喧嘩すんな
捏島 孝行
捏島 孝行
こいつが悪いんやで?!
天野 呂戊太
天野 呂戊太
まぁまぁ…それでゾムはどうしたん?
鳥井 希
鳥井 希
…………。
こちらに気付いてないのかずっとむすくれ顔になっている希のほっぺを捏島がツンっと突っつく。
鳥井 希
鳥井 希
らだおの様子がおかしい
捏島 孝行
捏島 孝行
あいつはいつもおかしいと思うんやが
鳥井 希
鳥井 希
真面目に話してんねん
希が捏島を睨む。
本当に真剣だと気付いた捏島は「まぁ最近はおかしいな」と希が見ていた猿山の方へ目を移す。
天野 呂戊太
天野 呂戊太
いつからやっけ?
鬱島 大
鬱島 大
うーん…あの神社前で倒れとった頃からちゃう?
桃瀬 豚平
桃瀬 豚平
あーあれな、らだ男先生がロボロの親に電話してくれたお陰でお泊まり会できたんだよな
桃瀬は皆でお泊まり会できたのはらだ男先生のお陰とニコニコしながら喋っている。
それに同意する天野と鬱島もいるが、ただ1人だけ疑問な言葉を放つ。
捏島 孝行
捏島 孝行
……そうやったっけ?
桃瀬 豚平
桃瀬 豚平
え?そうじゃないん?
鬱島 大
鬱島 大
せやでロボロもそうやったよな?
天野 呂戊太
天野 呂戊太
うん、俺もみんなと泊まりたかったしな
捏島 孝行
捏島 孝行
…?ロボロって一人っ子やっけ?兄ちゃんいなかった?
天野 呂戊太
天野 呂戊太
は?何言うてんねん。俺はずっと一人っ子やで?
捏島 孝行
捏島 孝行
…うん、そうだよな。うん。変な事聞いてすまんな
天野 呂戊太
天野 呂戊太
ゾムと言いコネシマと言い今日どうしたん?
「いや…なんでもない…」と捏島は言うが明らかになんでもない様子ではないことがわかる。だけどそれよりは捏島より様子がおかしい希が先だ。鬱島達は希が喋るのをずっとまっていた。
鳥井 希
鳥井 希
らだ男先生…動物の世話最近行ってないねん…
桃瀬 豚平
桃瀬 豚平
え?そうなん?
天野 呂戊太
天野 呂戊太
忘れてんのかな?
鬱島 大
鬱島 大
いやいや、動物の餌やりは一応仕事の範囲やで?らだ男先生意外と真面目やから忘れるわけないやろ
首を振りながら喋る鬱島に誰もが同意をする。たしかに人一倍真面目で正義感が強い猿山先生が仕事のことで何かを忘れるなんて絶対と言えるほど無い。
そんならだ男先生が一週間経っても餌やりを忘れていることなんてあるのか?と5人は考える。
鳥井 希
鳥井 希
……奥さんとなにかあったんかな?
捏島 孝行
捏島 孝行
むしろ何かあったら餌やりするやろ。気を紛らわすために
天野 呂戊太
天野 呂戊太
でもそれ以外でらだ男先生のこと思いつかんなぁ〜…
5人で考えていると朝のチャイムが鳴った。
話すのはまた後でと言い5人は自分の席へ戻った
いつもならすぐに猿山先生が来るが
今日はらだ男先生ではなく違う先生が来て日直が始まった。
鳥井 希
鳥井 希
(……らだ男先生どうしたんやろ…ここのクラスの担当先生なんに…)
捏島 孝行
捏島 孝行
(やっぱおかしいな……ロボロって一人っ子やっけ?…いやでもらだ男先生が親に電話したから泊めれたわけだし…)
天野 呂戊太
天野 呂戊太
(うーん…違和感がなんかあるんだよなぁ)
鬱島 大
鬱島 大
(らだ男先生が動物の餌やりを忘れることなんて絶対ないわ…あー…やっぱ奥さん絡みなんかなぁ…)
桃瀬 豚平
桃瀬 豚平
(………大福食べたくなってきたな)
一人一人がらだ男先生のことを考えている間に朝の会はすぐに終わった。それに気づいたのは先生が出ていって3分後だ。みんなはまた希の席の周りに集まる。
鬱島 大
鬱島 大
やっぱ考えたけどさおかしいで
捏島 孝行
捏島 孝行
それな!トントンも思うやろ?
桃瀬 豚平
桃瀬 豚平
雪見大福でええんよな?
捏島 孝行
捏島 孝行
なにが??????
1人だけ考えいなかったらしい希の机の周りでガヤガヤしているとクラスの女の子が駆け寄ってきた。
モブ
モブ
ねぇねぇ知ってる?!猿山先生さっき倒れたんだって!
鳥井 希
鳥井 希
は?
モブ
モブ
今は保健室にいるらしいけど…他の先生が日頃の疲れとかなんか言って中に入れさせてくれないの
天野 呂戊太
天野 呂戊太
うっわ…大丈夫なんそ……ってゾム?!
クラスの子が喋り終わる前に希は教室を飛び出していた。桃瀬や天野の止める声は聞こえないふりをして急いで保健室に向かっていた
鬱島 大
鬱島 大
うわぁーほっときほっとき後で帰ってくるや…ってシッマも?!
またその後ろに捏島もついて行っていた。なんだかんだ言って捏島も猿山先生の事が気に入っているのだ。心配なのだろう
それを見た鬱島達も捏島の後を追った。