無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

File:04
空が夕日の色に染まる頃、2人の足音が家に近づいてくるのが聞こえた。

聴力レベルを最大値まで引き上げると、そこから話し声も聞こえてきた。

"サキ"という言葉が聞こえたような気がする。

話の内容から推測するに、彼女らはサキの同級生のようだ。

ぼくはサキを近くに呼んで、サキの額を自分の額にくっつけた。


「……よく聞いて、サキの同級生だよ。」


こうすれば、ぼくに聞こえる音をそのままサキも聞くことができる。

顔色を変え、そこから逃げ出そうとしたサキをぼくはとっさに抱きしめる。

側から見たら完全にラブシーンだ。

ぼくみたいな存在がこの先、そんな人間的な場面に置かれることなんてないくせに、変な妄想をしてしまった。


『サキちゃん、体調悪いのかな。』


ぼくの腕の中で、サキの体がびくりと動いた。

ぼくはそっと背中をさすってやる。


『私、ずっと席1人なんだけど。』

『まだ会ったことないもんね。』

『だから家まで来たんだけど…引かれるかな。』


ぼくは確信した。

学校には、サキに会いたがっている人間がいるということを。

だから、


「サキ、会って話をするべきだ。」


そして、お互いに理解し合える友達を作るんだ。

そうしたらきっと、サキはぼくがいなくても、一人で生きていける強さが手に入るはずだから。

そんなことを考えていたら、ぼくの人間そっくりの目から、あの日サキの頬に流れていたものと同じものが流れ落ちた。

悲しくないのに涙が出るのはどうしてだろう。

この日ぼくは、この感情を定義づけることができず、体のどこかに穴が開いたような感覚になった。