無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

File:01
1st Android was born on April 21.
Partner…Saki
1st Android’s life was ……


目を開けると、2人の顔がぼんやりと映った。

女の子の方は、ぼくと目が合った瞬間、驚いたような怖がったような表情を浮かべた。

そして口だけを動かして、「人間みたい」と呟いた。

それが、ぼくが生まれて初めて聞いた音だった。

ところで、「人間」って何なんだろう。


「ほら、挨拶してあげなさい。」


白衣を着たおじさんに促され、女の子はもじもじしながらぼくの近くへ来た。


「初めまして。サキです。」


☑︎認証→Saki … 17 years old


ぼそぼそした小さな声だったが、ぼくの耳はしっかりとその音を捉え、サキの年齢を特定した。

ぼくもサキの真似をして、初めまして、と言った。


「信じられない…!」


白衣のおじさんは、満足そうに頷いた。

そしてぼくは、涙を流したサキに抱きつかれた。

「人間」とは、驚いたり泣いたりする生命体のようだ。