無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

963
2018/02/18

第18話

小山side
ここどこ?真っ暗。


ん?あれって...。まっすーじゃ...。





こっちに呼んでる!?今行くから!!




あれ?走っても走っても足が重くて動かない。


助けて。




そのとき眩しい光に包み込まれた。


小山慶一郎
小山慶一郎
ん...。
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
小山さん!小山さんッ!
俺を呼ぶ懐かしい声ー。

シゲだ...。

俺..。どうしてここに?
小山慶一郎
小山慶一郎
うぅ...。シゲ。
俺どうしてここに?
そうだ...。俺倒れたんだ。
余計迷惑かけちゃったな。ごめんね。
まっすーは大丈夫で良かったけど



あれなんだったんだろう...。





そして俺はシゲに甘えてもう一度意識を飛ばした。