無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,002
2018/02/11

第14話

小山side
小山side




まっすーのことだからきっとすぐ起きるよ。って思ってた自分が甘かった。




先生..。まっすーはもう目を覚ましてくれないの??




もうNEWSやっていけなくなるの?


やだよ...。そんなの。


せっかく4人で頑張ってきたのに。


あぁ。なんか頭がフラフラしてきた...。どうしよ。




ごめん手越、シゲ..。





そして俺は意識を手放した。










*当落まであと3日ですね..ドキドキ💓