無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,187
2019/06/24

第19話

18














若林がマスク取ってるかな??とか、



取ってたとしてもいじられてないかな??とか、



なんか無駄に緊張するんだけど。











「おはヨーグルト🍼」




川崎「あっ。あなたじゃん!!おはヨーグルト」




東条「おはよー」









「うわっ、若林がマスク取ってる(引)」




若林「取ってって言ったのあなたじゃんか」




「まあ良かったじゃん。外せる機会あって」




若林「…まあ、、ね」








若林ってイケメンなんだよね、、



マスクブカブカも可愛かったけどね











「ねね若林、休日どっか行かない??」




若林「良いけど。どこi((ガチャンガチャッ」




「何この音。一緒に見に行こうよ!!」





若林「えぇっ、、ちょ…えぇー」










なんか地味に嫌がってる若林を引っ張って、





校門前近くに来たんだけど、、。






のぶが校門壊してるんだけど笑笑





時計見たけど、もう遅刻の時間に入ってるよ!!!














「えぇ笑笑」





若林「…やばぁ(引)」







長井「ちょちょちょ!!何してるんですか!!!!」





原田「遅刻をしないための手段だ!!!
障害物を取り除いてるんだ!!!」






長井「だからって門を!!!」





原田「今度は壊すって言っただろうが!!!」






古賀「原田先生っ。…今、52分です、、」






原田「、遅刻じゃねぇーか!!!
ふざけんなっコノヤロウ!!!全部ぶっ壊しだーー!!!!」





長井「ちょっ、原田先生!!!!」





若林「無茶苦茶だろっ笑笑」




「でも良くない???遅刻したことバレないじゃん笑」





若林「悪いなぁ」