無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,389
2019/06/30

第26話

25











次の日








田中「はーい席ついてー」



田中「国永が退学した件について。
国永は、明日から復帰するそうだ」



原田「お騒がせ小娘め」



川崎「えっ、あなた帰ってくるの泣」



東条「やっとだな」



若林「ふふっ」




田中「ありがとな、若林」



若林「お礼を言うならのぶおに言って」



原田「あらやだ。ありがと」



田中「そんな国永から伝言がきている」



堀江「?あれじゃない??あの若林が隠したやつ」



駒井「あぁ、あれか」



「なんなんだろ」




「気になるー」




田中「はーいはい静かに!」



田中「ちょくで言うのは恥ずかしいから伝言で伝えます
退学の決意は、ひとり暮らしを始めたから。
私の親はもともと仲が悪くて、そのストレスから
私に暴力を振るってくるようになったんだ。
でね、ついに離婚することになったから、
どっちについて行く?って聞かれたから、
どっちも無理って言った。」




全員「「……」」





田中「それでひとり暮らしすることになったんだ。
お金がないから学費も払えない、
だから退学の決意をした。
でもね、明日からまた学校に戻ることになりました!!
ありがと、若林。



だそうだ」





若林「スズッ何回聞いても泣ける」




明智「……」










































































































































次の日



ガラガラッ






「みんなー久しぶりーー!!!」



川崎「あぁ!!あなた!!」



「結衣〜〜〜久しぶり〜」



駒井「久しぶりー」




牛久保「駒井が貴重な補習生が戻ってきてくれて嬉しいだってさ」



「おい」




駒井「いやっ笑マジで言ってない笑笑」



「ふーん。まあ良いや」



東条「良かったじゃん」



若林「相変わらずだね」



「ありがとね、若林」



若林「どういたしまして」





















ということで、国永完全復活ーー!!!!


退学届はまだ受理されてなかったそうです



セーーーーーフ!!!