無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第7話

セブン
そりゃあ、信じてもらえないだろーなー


私と大倉くんの関係は友達以上恋人未満のちょっと親しい相談相手なだけ。







でも、相談をし続けてから彼氏より大倉くんの方が気になってきてしまった!!




好きだと気づいたらスグ行動なのでいまに至ります…😓
あーあー、びっくりしてるよ〜😔




振られることを覚悟して言ってるんだから、最後まで言わないと!

きづな
俺も。
あなた

へ?

つい、おバカらしい声が出てしまった…
きづな
俺も、ずっととぼけてたけど好きかも。
あなた

え、そーなんだ…

思っていなかった返事に自分でも戸惑っていることが分かる?
きづな
返事はおーけー?
あなた

え、、あ、、うん…

逆じゃん!!!


私が返事しちゃってるよー!!



⏰⏰春休み⏰⏰


…LINEにて…
きづな
ねー、休みなんだしデートいこー
あなた

あ、そーだね!
どこ行こっか

きづな
友達とどこ行くん?
あなた

あなたはぁー、
本通りとか、マックとか?

きづな
あーね、
んじゃ本通りでいんじゃない?
あなた

いーよー!

きづな
じゃ、10時に大町駅で!
あなた

おkおkー

デート。



それは私にとって初デートだった…
⏰⏰デート⏰⏰



きづな
ねぇ、もうちょっと口開けて?
あなた

はぁ、、、あ、、んッ、、、ッ

なぜ、こんな事になったのだろー



えっと、何があったんだっけ?




まずデート、待ち合わせの大町駅に来て、、、




あ、駅の暗いところに大倉くんが無理やり連れ込んだんだっけ。






あー、意識飛びそー
きづな
うわー、エッロ♡♡
あなた

ゃめてっ。、、んッ、、、はぁ、、

きづな
どして?彼女でしょ?
彼女。


私は一瞬彼女とはなにか分からなくなった、