無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

445
2021/08/02

第13話

🌹.





そんな辛い生活を送っていたある日のこと




私はそろそろ自分が壊れる事を感じていて




彼氏と別れ話をしようと思った




*
*
オッパ
私達相性が合わないみたいだね
…
…
は?意味わかんない
*
*
だからさ別れよう?
…
…
何言ってるの?
…
…
僕達は何する時も一緒で
起きるのも一緒
寝るのも一緒
笑うのも悲しむのも一緒
…
…
あと
…
…
死ぬのも一緒なんだよ?
*
*
い、いやだ
こっち来ないでッ
…
…
だから
…
…
もしさ、あなたが別れるんなら
約束に反するコトだから
死に値するんじゃないの?
*
*
何言ってるの?
…
…
でも
僕達は死ぬのも一緒だから
…
…
今一緒に死の?
*
*
やめてッッッ





ドサッ




*
*
ウ゛ウ゛ッッッ




状況が理解できないまま




私は彼に首を締められた




…
…
苦しいのは一瞬だけだからね?





このまま人生を終わらせたくなくて




今出せる最大限の力を振り絞って




彼のお腹を蹴った




…
…
ウグッッッ
*
*
ハァハァハァ





今なら逃げられるッ




そう思って玄関へ走り出した




…
…
おい待てッッ
*
*
さようなら





そう言い残して




彼と同棲していた家



皆の感覚で例えるならば




”拷問部屋”




からやっと出ることが出来た









その後は




当時から親友であったリサの家に泊めてもらい




私の両親が残した別荘(普通の家)に住み始めた









………………………………………………………………………………………………………………………………………





というのが私の過去









嫌な事を思い出しちゃったな









それにしても









ミンユンギ嫌いだな









ヤンデレだから...とかじゃなくて









耳打ちで伝えてくるあたり









性格悪過ぎでしょ









そいつは何から何までが嫌いだから









金輪際関わらないようにします




Next