無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

332
2021/08/04

第23話

🌹.





ジス先輩の家は3階建ての一軒家でそれなりに大きかった





.
.
はい、入って
*
*
お邪魔します



ヤンデレの家に入ったからには全てに疑心暗鬼にならなくてはいけない

というかならないと多分死ぬ



暗闇の中でもないのにこんなスリルを感じるのは初めて


正直なところ泣きそう





.
.
とりあえず手洗っておいで
*
*
あ、はい




初めて来たのに場所なんて分かるわけ....あった





ヤンデレに指示されて従うもんか


もちろん手は洗わずに先輩のいる場所へ戻った




.
.
なんか飲む?
*
*
大丈夫です、水筒あるので
.
.
分かった




先輩は自分のだけの飲み物を持ってきた


先輩が前を通る時にフワッと甘い香りした

飲み物の正体はぶどうジュースだった



意外に可愛い一面があってつい笑ってしまった




.
.
どうしたの?
*
*
可愛くてつい




そう言うと先輩は分かりやすく頬を紅潮させた











あぁダメだ、

いくら可愛くても目の前にいるのは所詮ヤンデレ

警戒心を持たなきゃ













後輩に可愛いと言われて恥ずかしくなったのか


空気を変えるように先輩が咳き込んだ



.
.
もう少しで来ると思うから
*
*
はい




さっきのことでついニヤケてしまう




先輩がそれに気づいたのか、呆れ気味にリビングを出ていこうとしたその時














ピーンポーン






















アイツらが来た



Next