無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

偶然?


教室に着けば、


もう私はみんなには見えていないんじゃないか、と思うくらいで無視、無視、無視の嵐。



いや、全然大丈夫。


うん。


でも、あの人だけには会いたくない.......それは.....



「おっはー✨」


いつも通りに、爽やかイケメンスマイルで登場したあの人だ。


みんなが口々に「なぁぎくぅーん、おはょぉう💕︎💕」だの「おはー、なぁーぎ」だのと言う。



「あ.......」



ドキ





一瞬だけ目が合う。





でも直ぐにそらされた。




いいんだけどね。




それから何も無く、一日が終わろうとしていた。




無言でゴミ箱を押し付けられて、
私がゴミ出しをして帰ろうとすると、
そこには楠田 壮也(クスダ ソウヤ)くんがいた。




楠田くんとは、同じクラスの図書委員で、普段仕事がある時は、ひかるちゃんと私と楠田くんでする。








『あっ、えと、楠田くん。今から行く?』




「うん」




楠田くんは落ち着いてて、クラスでも目立たないけれど、黒縁のメガネの奥の瞳は、いつも凛としている。


どちらかといえば、凪とは真逆だよなー。


あ、頭がいいところは似てるか。





『あっ、私、行くね......』






「待っ......////////」




二人しかいない、夕方の教室。




オレンジ色の光が線のように、



射し込んだ。





私は、



楠田くんに




腕を掴まれていた。



『えっ?』




「あっ.......」



パッ、と直ぐに手を離した。




え.............???




夕日のせいかもしれないけれど、
心なしか楠田くんの顔が赤く染っているような気がした。





なんでだろ。







「あっ、いや、なんでもない.....。」




それからずっと、楠田くんはもぞもぞ何か言ってたけれど、よく分からなかった。
でも、なんとなく嫌いではない。






私みたいに、取り繕ってないところに、憧れてるのかもなぁ。





私は図書室に向かった。





図書室に行くと、
置き手紙が置いてあった。




『七瀬ちゃんへ!
ごめん!(_ _)今日どうしても抜けられない試合があって!(大学生が来る🔥)だから、楠田くんと二人でよろしく🙇司書さんは、出張だって長浜先生が私に言ってた(_ _)じゃあ、よろしくね😁
ひかるより』




2人かぁ.......。





司書さんは、優しいおばさんでよくお菓子をくれる。


ひかるちゃんが抜けるのは、珍しいことじゃないし、むしろいる時は私の仕事がなくなるくらい頑張ってくれるから二人でも全然構わないんだ。



司書さんは、私が学校で唯一、心が開ける人なんだ。



私は、置き手紙をしまって、
本の整理に取り掛かった。







--------キリトリ線--------


凪side______________




タッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッタッ......





「おい!」




「.......なに。」




そこにはクラスメイトの楠田が居た。





走ってくる途中に色々考えたくせに、溢れてくる言葉はひとつしか無かった。もう、止めることは出来なかった。



「.......お前、七瀬のこと、好きだろ。」






「は?」





「福原くんに答える必要も無いし、僕が黒咲さんのことが好きだったとして、福原くんに迷惑でもかかるのか?」







「.......そうじゃなくて......」





あぁ、ダメだ。
七瀬のことになると、すぐカッとなってしまう。
いつもは、空気読んで、相手が一番気持ちいいところ突けるのに。






「では、僕は行くから。
福原くんも早く部活に戻ればいいんじゃない?福原くんが黒咲さんのことを好きなら僕は応援するから。」






「チッ、スカしやがって、お前。
好きなやつにはちゃんと好きって言えよ!」




俺は、とっさに叫んだ。




言った頃には、もうそこにはあいつの姿は無かった。





.......ダメだな、俺。

さっきの言葉が甦った。


__________『好きなやつには、ちゃんと好きって言えよ!』



自分だって、




有り得ない。って自分で思って、




自分の気持ちに、





素直になれずに、





七瀬に毒ばっか吐いて。






俺は、壁に座り込んだ。

















何故か、涙が溢れていた。


















これは、少し肌寒くなってきた
10月の初め。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

シルクハット
シルクハット
女子。ぜひぜひ見てってくださいな!フォロー返します!🙇⋱♀️ お気に入り、❤よろしくお願いします🙏
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る