無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#4
『Sexy Zone、Sexy Zone』と叫ぶファンの子達の声援と共にLIVEが始まった。



健人
SexyGirl達俺達に会いたかったかぁーー!
ファン)いぇーーーい
風磨
今日を楽しんでいきましょうっ!
ファン)いぇーーーーい

風磨はいつにも増してカッコよくて、キラキラ輝いててアイドルだなって感じる
でもそれと同時に風磨が遠い存在に見えてくる…

ファンの子達に見せる笑顔もいつもと違って輝いていて自分が彼女だと思っていても周りに嫉妬してしまう…


風磨
(あなたの近くまで来る)
あなた
(うちわを持ってる)
風磨ーーーーーー!
風磨
(こっちを向く)
あなた
投げキッスしてーーー!
風磨
(なんだよ…可愛すぎだろ…笑)
風磨
(投げキッスをする)
あなた
(口パク)
大好きだよ
風磨
笑笑
こんな笑顔めったに見れないよ…
あぁ、彼女になってよかったなって思う
もっとこの笑顔を見たい…



風磨…




































たまには甘い笑顔私に見せてよ?