無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

13🎵
どうしよう!

てゆーか 私結構すぐ受け入れるタイプなんだけどさすがにこれは受けいれられないよね( ˙-˙ )

リラオンマの反応からしてループについては覚えてなさそうだし・・・

他のみんなも忘れちゃったのかな?
ジヒョ
ジヒョ
ねえ!  ジュンヤ  今日って何日だったっけ?
男の子2
男の子2
え?  確か14日じゃなかったっけ?(っ﹏-๑)
ジヒョ
ジヒョ
そっか ありがとう(*´罒`*)
男の子2
男の子2
うん!
やっぱりみんな忘れちゃったのかな?
リラオンマ
リラオンマ
ジヒョヤ!  もう行かないと学校遅れるよ!
そう言われて時計を見ると・・・




なんと登校時刻20分前Σฅ( °ロ° ฅ)


やっばーい⊂( ˆoˆ )⊃


もうこれ急いでも間に合わないな


ああ 入学してから1回も遅刻したこと無かったのに・・・


さよなら 私の優等生ライフ・・・


教室に入る

ちなみに今は登校時刻から30分過ぎてる☆

みんなびっくりしてるしペンギンと女神はニヤニヤしながら見てくる(ºдº)アッー!!!!↑
                               --------キリトリ線--------
ごめんなさい ジヒョ様キャラ崩壊してる

これからわりとこうなる事多いかも( ˙-˙ )