無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2 ♫
すいません  作者のせいで読みにくいです←
実は私には小さい頃の記憶がない

これはお医者さんに聞いた話なんだけど

私の親は誰かに殺されてしまったそうで その場に居た私はショック小さい頃からの記憶を全部失った
そんな厄介な私を親戚は誰1人受け入れようとしてくれなかった
だから私は児童養護施設に入った

そこの子供達はこんなどこから来たのかも分からない私を温かく迎えてくれた
今も記憶は戻らないけど私はこの生活でとても幸せ

でももうすぐこの施設も出ないといけない
今高3になったところだからあと2年くらいか・・・

本当は児童養護施設って18歳未満までしか居られないんだけど私は特別な理由があるから20歳まで居れる

そんな私には月に一度必ずやっている事がある
それは私の記憶を取り戻すために故郷を探す事

本当は誰かに聞ければいいんだけど親戚にも見捨てられてしまったから聞ける人が居ない
でも1人で探してるわけじゃない
私には一緒に探してくれる大切な人達がいる