無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

five
-お昼-


🦋終わったア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙


🐥うるせえ!


🦋あ、はいッ( ˙-˙ )


🦋てか!先輩、早くお昼行きましょーよ!


🐥ハイハイ


🦋先輩、何処のお店行くんですか?


🐥何処だと思う?


🦋えー?💭先輩の事だからどうせ居酒屋的な所でしょ


🐥お前、今馬鹿にしたろ


🦋へ?い、いや、してないですよー(( ̄▽ ̄;;)ア、ハハハハ…


🐥ふーん。まぁ行くぞ


🦋💭あっぶなー。殺されるよ


🐥早くしろ


🦋はーい!
お店に着いた(雑でミアネヨ


🦋わー!オシャレ!


🐥だろ?


🦋はいッ!先輩にしてはセンスがいいですね!


🐥ん?俺の聞き間違えかな?先輩にしてはセンスがいいですね!って聞こえたんだけど?


🦋き、聞き間違えですよ!


🐥だよな笑


🦋先輩は何頼むんですか?


🐥ん?俺は、このパンケーキ頼む


🦋えっ!美味しそう!


🦋じゃ、私はこれにします!


🐥はいよ


食べ終わった(雑でミアネヨ


🦋ふぅ、美味しかった!


🦋先輩、ご馳走様です!


🐥おう


🐥じゃ、戻るか


🦋はい!

会社到着


🐰あ、あなた先輩!どこ行ってたんですか?


🦋あ、グク君。ちょっと先輩とお昼に行ってたの!


🐰ふーん。そうですか


🐰それより!わからない所があるので教えてください!


🦋はいよ笑









.Next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

사기
사기
I want to be your number one. (☺︎)ちょんおんにと運命共同体
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る