無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

“大好き”





あなたside


紫耀との結婚式で歩くことを決めて


毎日4時間リハビリすることになった.


最初は足が全く動かなくて


夜になったらずっと泣いてた.


でも、紫耀との未来のためなら


頑張ろうって思えた.



医者
はい、大分歩けるようになりましたね.
〇〇〇
〇〇〇
はい!あと三日後で結婚式ですから!
医者
明日も頑張りましょうね
〇〇〇
〇〇〇
はい!




病室


〇〇〇
〇〇〇
疲れた~




コンコン



〇〇〇
〇〇〇
は~い
平野紫耀
平野紫耀
あなた~来たよ!
〇〇〇
〇〇〇
紫耀!!
平野紫耀
平野紫耀
ついに結婚式三日後だね~
〇〇〇
〇〇〇
ほんと楽しみ!!
平野紫耀
平野紫耀
俺がちゃんと車椅子押すからね!!!
〇〇〇
〇〇〇
ふふっありがと
平野紫耀
平野紫耀
いろんな人来るもんね~緊張するな~
〇〇〇
〇〇〇
もっと緊張すること行ってもいい?
平野紫耀
平野紫耀
なになに??
〇〇〇
〇〇〇
結婚式の日に会見をして私の病気の事話そうと思うんだ.
平野紫耀
平野紫耀
じゃあ記者さんとかがいっぱい来るの?
〇〇〇
〇〇〇
まぁそうなるかな…
ごめんね.勝手に決めて
平野紫耀
平野紫耀
大丈夫だよ.あなたが決めたことなら応援するし
ファンのみんなも早く知りたいだろうからさ
〇〇〇
〇〇〇
ありがと!
平野紫耀
平野紫耀
あっもう時間だ...
次ぎの収録山下くんとなんだ!!!
〇〇〇
〇〇〇
紫耀の憧れの人じゃん!
頑張ってね!
平野紫耀
平野紫耀
うん!
行ってくる!
〇〇〇
〇〇〇
行ってらっしゃい!