無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

“大好き”
〇〇〇
〇〇〇
私、2ヶ月前ほどからテレビから姿を消しました.
その理由は
私の体に異変が見られたからです.



カシャカシャカシャカシャ


〇〇〇
〇〇〇
心臓が痛くなり病院に行ったら
余命1年の心臓病だと言われました.
病気が治るのはほんとにごく稀で
〇〇〇
〇〇〇
私はすごく辛かったし、大切な人に迷惑かけるので
一回紫耀とお別れしました.
ですが紫耀はずっと私のそばにいてくれました.
私が発作が起きて死にかけた時ずっとそばにいてくれました
〇〇〇
〇〇〇
ほんとに死ぬことが目の前にあるそんな現実を受け止めるのには時間がかかったけど
紫耀が居てくれたら私は大丈夫だと思えたんです.
〇〇〇
〇〇〇
だから今回、結婚することにしました.
〇〇〇
〇〇〇
これからいろんな人に迷惑をかけると思います.
ですが、私はじょじょに仕事に戻っていきながら治療を進め自分がしたいことをしていく人生にいしていきたいと思います.



カシャカシャカシャカシャ


平野紫耀
平野紫耀
俺があなたが病気だって知ったのはあなたが病気になって数ヶ月後のことでした.
病院から電話が掛かってきて今すぐ来て欲しい.と言われたんです.
平野紫耀
平野紫耀
病院に行ったら弱々しくなったあなたの姿がありました.
俺は見るのがすごく辛かったです.
こんなにあなたが辛い思いをしてるのを知らない自分がほんとに腹が立って.
平野紫耀
平野紫耀
でも、起きた後のあなたの笑顔を見た時俺は絶対そばにいる.そう自分の中で誓ったんです.
平野紫耀
平野紫耀
あなたか辛い時は俺が寄り添います.
俺は絶対あなたが不安になるような事はしません.
〇〇〇
〇〇〇
っ、グスッ
平野紫耀
平野紫耀
大丈夫だよ(ギュッ




カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ


〇〇〇
〇〇〇
今日はほんとに、ありがとうございました.
平野紫耀
平野紫耀
ありがとうございました.