無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

“大好き”
〇〇〇
〇〇〇
余命1年か…
もうすぐ結婚するのにな~
この事紫耀に言ったら絶対悲しむから
言いたくないな…
もし、死んじゃったら紫耀1人にしちゃうよね…
別れた方がいいのかな.




次の日の朝




平野紫耀
平野紫耀
おはよ
〇〇〇
〇〇〇
おはよ!今日も仕事?
平野紫耀
平野紫耀
今日はね久々にoff!!
〇〇〇
〇〇〇
ほんとに?私もoffなの!
平野紫耀
平野紫耀
じゃあデート行こ!!
〇〇〇
〇〇〇
うん!!いこいこ!
平野紫耀
平野紫耀
どこ行きたい?
〇〇〇
〇〇〇
んー、思い出の場所巡りしたい!
平野紫耀
平野紫耀
どーゆう事?
〇〇〇
〇〇〇
初めて2人で遊びに行った所とか付き合って初デートの場所とか行きたい!
平野紫耀
平野紫耀
いいねよそれ!!
〇〇〇
〇〇〇
じゃあさっそくれっつごー!



夜(飛ばします.



〇〇〇
〇〇〇
やっぱりここのイルミネーション綺麗だね…
平野紫耀
平野紫耀
ここで告白もプロポーズもしたもんね
〇〇〇
〇〇〇
ほんとに幸せだな~
平野紫耀
平野紫耀
これからもずっとずっと幸せにするから((ギュッ
〇〇〇
〇〇〇
うん




あなたside


紫耀には言ってないけど明日から入院する.


だからこれが最後のデートだよ.


最後のデートには思い出の場所巡りをしたかったの.


最後まで私のわがまま聞いてくれてありがとう.


ずっと愛してるよ.











〇〇〇
〇〇〇
紫耀まだ寝てるね…
この寝顔を見るのも最後なのかなぁ…
そんなことより準備しなきゃ




準備終了



〇〇〇
〇〇〇
よし.
紫耀から貰った物も全部置いていかないと.
紫耀からいろんなもの貰ったな~
ネックレスにピアスに指輪…
〇〇〇
〇〇〇
今までありがとう.さようなら紫耀





病院




〇〇〇
〇〇〇
先生朝早くからすいません.
私入院します.仕事の方にはマネージャーが連絡していると思います.
医者
そうですか.
では早速入院しましょう.
〇〇〇
〇〇〇
はい.