無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

“大好き”
平野紫耀
平野紫耀
俺さ、明日から結婚式の日までずっと仕事あって病院に来れないかもしれないんだけどその時はメンバーにお願いするから.ごめんね.
〇〇〇
〇〇〇
そっか.仕事頑張ってね!
みんな忙しいんだからそんなのいいよ~
平野紫耀
平野紫耀
ダメ~!あなたの事誰かに見てて欲しいから!
〇〇〇
〇〇〇
そんな心配しなくても大丈夫だよ笑
平野紫耀
平野紫耀
だ~め!
〇〇〇
〇〇〇
はいはい笑
平野紫耀
平野紫耀
もう夜中だしあなた寝な?
〇〇〇
〇〇〇
紫耀帰っちゃう?
平野紫耀
平野紫耀
あなたが寝るまでそばに居るから.
〇〇〇
〇〇〇
ほんとに?!
平野紫耀
平野紫耀
その方が安心して寝れるでしょ?
〇〇〇
〇〇〇
うん!ありがとっ
平野紫耀
平野紫耀
じゃあおやすみ.
〇〇〇
〇〇〇
うん.おやすみ

















あなたside



朝起きたら病室には紫耀の姿がなかった.


仕事が忙しいのになんだか申し訳ないな.


でもね、私決めた事がある.


結婚式の日までにリハビリする.


先生には止められるかもしれないけど


結婚式ぐらい2人で歩きたいからね.


〇〇〇
〇〇〇
先生!
私リハビリしたいです.
医者
危険ですよ?
〇〇〇
〇〇〇
それでもいいんです.
結婚式は紫耀と2人で歩きたいんです.
医者
2ヶ月ぶりに歩くんでかなり足がなまってます.
なので大変なリハビリになりますが大丈夫ですか?
〇〇〇
〇〇〇
はい.大丈夫です.
やらせてください
医者
分かりました.では、早速始めましょう.
〇〇〇
〇〇〇
ありがとうございます.
でも、この事紫耀には内緒にしててください.驚かせたいんです!
医者
分かりました.