第4話

🥞

放課後。





“職員室”






ガラガラガラ←🚪を開ける音





あなた『失礼しまーす!!!』


紫耀『こんちわー』


廉『失礼しまーす。』


海人『ノンチャン〜!』


神『失礼しまーす。』


玄樹『失礼しまーす。』


岸『ノンチャン!蕎麦ちょうだい!』()←


小瀧『お前ら何処でもうるさいな(笑)』


あなた『それが私たちなんで‪w』


紫耀『で、要件はなんですか?』


小瀧『え、特に無い。』


廉『は〜?』


神『ほら、だからサボろうって言ったのに。』


玄樹『もうノンチャンきらーい。』


小瀧『悪かったって‪w』


紫耀『あなたとデートの時間無くなるじゃん!』


小瀧『お前ら付き合ってんの?』


あなた『んなわけ(笑)』


紫耀『(._."Ⅱ)』


小瀧『でも落ち込んでるよ?(笑)』


あなた『え?』←紫耀の方を向く。


あなた『ほんとだ‪wでも知らねぇ‪w』


廉『酷‪w』


神『てかあなた口悪いよ‪w』


あなた『別にいいじゃん‪w』


岸『ノンチャンもう帰っていい?』


小瀧『うるさいから帰れ。』


玄樹『呼んどいてなんなの!その態度!』


小瀧『先に態度が悪かったのはお前らだよ。(笑)』


廉『ウ、言い返せん‪わ』


海人『帰っていいんでしょ?』


小瀧『いいよ。』


紫耀『よし!帰ろ!』


あなた『よっしゃ!紫耀デート行くぞー!』


紫耀『おぉ〜!』


廉『呑気やな〜(笑)』


神『それな‪w』


玄樹『楽しそうでなにより(笑)』