第3話

🥞
“学校”




あなた『ハァーハァー』


紫耀『疲れた。』


廉『間に合った?』


海人『多分大丈夫。』


神『良かった。』


玄樹『クラス表見に行こう〜』


岸『そうだな。』


あなた『みんなと一緒かな〜?』


廉『一緒やったらええなぁ。』


あなた『うん!』


紫耀『あ、あった!クラス表!』


海人『僕は……三組!』


廉『俺も三組。』


紫耀『俺も。』


岸『俺も。』


玄樹『僕も!』


神『俺も三組!』


あなた『私は…三組だ!!!』


紫耀『みんな一緒だ〜!』


あなた『やったね!』


海人『先生に感謝だ。』


廉『そうやな‪w』


岸『担任誰だろ?』


玄樹『またノンチャンじゃない?(笑)』


神『それは勘弁‪w』


あなた『えー。ノンチャンいいじゃん。』


紫耀『なんで?』


あなた『え、イケメンじゃない?(笑)』


廉『そこかよ‪w』


あなた『そこだよ‪w』


海人『てか、マジで急がなきゃ。』


あなた『やば!』



















ガラガラガラ←🚪を開ける音


あなた『間に合ったー!』


小瀧『間に合ってねぇよ(笑)』


玄樹『え、またノンチャンかよ〜!』


小瀧『俺で悪かったな‪w』


女子『え、あれって噂の幼馴染みグループ?』


男子『絶対そうだよ!』


女子『やば〜!イケメンと美女じゃん!』


あなた『いやー相変わらず騒がれてますね。』


廉『いやお前もやろ』


あなた『私?ないない‪w』


6人『この鈍感め。』


あなた『へ?』


紫耀『まぁ、うん、ね、』


海人『なに‪w』


小瀧『ほらお前ら席つけ〜』


神『はーい‪w』


岸『蕎麦くれたら座ります!』


小瀧『いいから早く座れ‪w』


岸『サッセン』


あなた『‪私の席は〜ココだ!』


海人『やったーあなたと席隣だ!』


紫耀『ずりぃなぁー』


海人『いいでしょー』


神『あ、玄樹〜!席隣だよ!』


玄樹『やったねー!』


岸『廉!俺と隣!』


廉『おk』


小瀧『お前らいちいちうるさい(笑)』


あなた『すみませーん。』


クラス『‪w‪w‪w‪w‪w』


小瀧『じゃ、今から入学式あるから廊下並べ〜』


クラス『はーい』


あなた『ノンチャン!入学式って行かないとダメ?』


小瀧『ダメ。』


あなた『ちぇー』


紫耀『諦めて行くぞ‪w』


あなた『わかったよ。』


廉『なんで嫌なん?』


あなた『あのハゲの話し長い。』


玄樹『ハゲ‪w‪w』


神『校長でしょ?‪(笑)』


あなた『うん‪w』


岸『校長の話は嫌だよなぁ〜』


あなた『でしょ?』


小瀧『ほら!行くぞ!静かに並べ!』


あなた『嫌です。』


小瀧『よし、あとで職員室に来い。』


あなた『えー。』


紫耀『どんまい。‪(笑)』


小瀧『いや、お前ら全員だよ!(笑)』


6人『えー。/は〜?』