無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🕊

これ、居るかわかんないんですけど……


私は小学3年生くらいからかな……

いつも誰かに悪口を言われている、

とか言う、ちょっと?

随分かな〜……て感じの感覚なんですㅋㅋ(?)

なんか、目の前でコソコソ話とかしてたら

自分の悪口いわれてるんじゃないかって、思ってました

ずっと不安だったんです。

いつ、どこで裏切られるか分からない。

人の裏面なんてわかんないですし…

今でも続いてるんですよね〜

でも、私が思ってるほどみんなそこまで私に関心ないもんな……って思うとちょっとだけ心が軽くなりますㅋㅋ


自分に自信がないんです。


胸張って生きていけないんです。

ストレスから来るらしいですよ。

皆さん、ストレスを溜めすぎないように注意してくださいね


辛くなったら直ぐに言ってください。






でも、私は無力です。

直接会って言葉をかけてあげることも、

感情を読み取ることも文字からは出来ません


それがいちばん辛い。

目の前で苦しんでるのに、この画面の裏にいるはずなのに、行けない。
助けてあげれない。


自分の無力さをいつも突きつけられます。

今すぐに抱きしめに行きたい。

救ってあげたい。




ごめんなさい。

出来ないのがほんとに憎いです。

辛い、を言えない相手になりたくない。


誰かのために、何かをしてあげられる人になりたいです。


----------------------------------------------------------------------


伝えたい事を一気に詰め込みすぎて……

無くなっちゃったよ……((

また何か思うことがあったら不定期だけど更新していきます。





ほんとになかったら消すかもだけど……((それはまだわかんない