無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🐥
You
You
はぁぁぁぁ部活疲れたぁ
You
You
やっと帰れるぅぅぅ
てひょん
てひょん
おつかれ笑
You
You
Σ(´□`;)ハッ
You
You
先輩お疲れ様ですっ
てひょん
てひょん
笑笑
てひょん
てひょん
可愛い
You
You
なっ、お世辞はやめてくださいよ~っ
てひょん
てひょん
お世辞のつもりなi
You
You
あ!!!!
You
You
教室にタオル忘れてきちゃった
You
You
取りに行ってきますね!!
てひょん
てひょん
俺も行こうか?
You
You
ううん、大丈夫です!!ありがとうございます
てひょん
てひょん
そか、じゃまた明日な👋
You
You
はいっ!!👋
ー教室にてー
You
You
あっ、あった
You
You
よしっ、帰ろ
廊下を歩いていたら
ヒュー🍃
You
You
ん?風?
風が吹いた方を見ると
図書室があいていました。
You
You
誰かいるのかな、?
私はちょっとした好奇心で入ってみた
You
You
失礼しま~す
You
You
あれ?誰もいないのかな?
You
You
窓だけ閉めておくか、
そう思って、窓に近づくと
男の人と目があった。
You
You
あっ、
You
You
(人いたんだ。本棚で隠れて見えなかった)
じみん
じみん
....😊
You
You
ドキッ
私は貴方のその笑顔で、


鼓動がはやまった、
You
You
あ、お邪魔してごめんなさいっ!!
じみん
じみん
ブンブン(首を横に振る
じみん
じみん
😊👍
You
You
あ、ありがとうございます//
失礼しました~っ(焦
私はその場を後にした。