無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

# 11
佐野玲於
なにその 困り顔 。
あなた

え!

そんな 顔 に 出てた …?
佐野玲於
変な奴 。
餃子 食うからな 。
あなた

ちょ 、それは …!

私 の 餃子 は パクッ と 玲於 の 口 の 中 に 入った 。
今日 、唯一 の 楽しみ だった 餃子 …
怒った 。
玲於 は 動揺 して 食べかけ の 


餃子 が 半分 口 から 出ている 。
あなた


私 は 、無言 で ラーメン を 啜り始めた 。
佐野玲於
ごめんごめん!
ほんっと ごめん!
これ 、あげるから 。
上 を 見た時 玲於 の 箸 が 私 の 口 の 中 に 


餃子 ごと 入っていた 。
あなた

ちょっと …!!

これって …


さりげなく …


間接キス …
佐野玲於
どう?
上手いか 。
あなた

うん …

美味しいなんて 分からない 。


今 、餃子 の 味 なんて しない 。


頭 が 真っ白 に なって ソワソワしてる 。
佐野玲於
あ 、間接キス して あたふた してんの
あなた

ば 、ばかっ …!
そんな訳 ないでしょ!

見破られてるじゃん … 


私 、こういう 経験 ないから どう 対処 していいか


分からない 。
佐野玲於
図星 。
あなた

う 、うるさい …

佐野玲於
か ~ わい 。
あなた

は …?

今 、なんて …?
佐野玲於
今日 も 疲れたなぁ ~ !
酔ってる 。


あ 、間違え … か …


かわいい


って 言ってくれたのは


ただ 、酔っていただけ 。


本気 に 思うわけが無い 。
あなた

玲於?
酔うの早いよ?

佐野玲於
ふつぅ …
ガタンッ 





机 に 頭 を 伏せた 。
あなた

ちょっと …!!

肩 を 叩いてみても 起きる気配 無し …
こういう時 どうするんだっけ …!


家 まで 送ってって


そして …


その後 、腕 引っ張られちゃって ~ !


って


なに 妄想 してんの 。


馬鹿馬鹿馬鹿 。
店の人
大変 ですね 。
彼氏 サン 酔いつぶれちゃった 。
あなた

彼氏 なんかじゃないですよ ~ 笑

店の人
そうなの?
お似合い だから そう思ってた!
ごめんね ~ 。
あなた

いえいえ 。

とりあえず 、お金 を 払って 外 に 出る 。


私 の すぐ 隣 に 肩 を 組んでいる 玲於 が いるの 。


私 、ドキドキ して 仕方ない …


自分 でも 分かるくらい バクバク …
あなた

玲於!
起きてよ!

佐野玲於
ん ~ ん 。
絶対 、起きない 。


最悪 。


なんて言っても 寝顔 は かわいい …


そこが 憎めない 。
秋 に 近づく 夜風 が 今 の 私 には 居心地 が 良くて
私 の お酒 と 玲於 の せい でっ 火照った 顔 にはね 。
あなた

玲於 、どこ住んでんの 。

佐野玲於
マンション ~
あなた

どこの

佐野玲於
アレ ~
指さす 方 を 見ると 高級マンション …
あなた

あ 、あれ!?

うん  





頷く 。
歩き出すと 玲於 の 体重 が 私 に 寄りかかって


とても 、歩きずらい 。
あなた

やっと 、着いたぁ ~!

マンション の 管理人 サン に 事情 を 説明 して


部屋 の 鍵 を 開けてもらった 。


管理人 サン も


大変だね 。お疲れ 。


と 、みかんジュース を 渡してくれた 。
あなた

玲於 、歩ける ?

佐野玲於
ん ~ 。
あなた

お邪魔しま ~ す …

入ると 玲於 の 匂い 。


部屋 の 隅 から 隅 まで お洒落 。


ほんと に 服 が 好きって 伝わる 。
とりあえず 、ソファー に 寝かせ 水 を 持ってくる 。
あなた

玲於 ~ 。
水 だよ 。

佐野玲於
ん 。
ゴクッ と 飲む 時 の 喉仏 が 男らしくて ─────
佐野玲於
おやすみ
バタッ と 横 に 倒れた 。
あなた

お風呂 入って ベッド で 寝なきゃ!

佐野玲於
いいっ 。
あなた

いいって …

もう 、深い 夢 の 中 に 入っちゃった …
もう 、ファッション に 気 使ってる人 が


お風呂 入らないなんて 嫌だって 思わないの!?
あなた

じゃ 、私 帰るから!
また 明日ね 。

床 に 置いた カバン を 拾い上げて


玄関 に 向かおうとすると
佐野玲於
ちか …
その一言 。
あなた

ち … か って … 。

ちか  


って 、私 の 友達 の!?


いやいや まさか …


ね …?
その一言 を 聞いた瞬間 、私 は 胸 が モヤッ と なった 。
あなた

なにこれ …
モヤッ って なに …

ヤキモチ …!?