無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

# 9
あなた

うん!

ゆい
ゆい!
さつき
私は 、さつき ~ !
あなた

よろしくね 。

それから 、私達 は 一緒 に 行動 するように なって


もう 、完璧 な グループ 。
特に 、ちか 。


こうやって いつも 私 の 名前 を 呼んでくれる 。


私 の そば に ずっと 居てくれて 優しい 。


ちゃんと 、私 の 事 思ってくれてるんだ 。


友達 って いい …!
そして 、仕事 も 終わり 
あなた

うん!

さつき
ば ~ い
ゆい
またね ~ 。
3人 と 解散 して 外 に 出る 。
夏 も だんだん と 終わっていき 秋 の 雰囲気 。
空 の 色 も 紅く染まって 、夕日 が 綺麗 。
あなた

綺麗 ~ 。

佐野玲於
なにが?
急 に 横 から ひょいと 出てくる から びっくり 。
あなた

玲於!?

佐野玲於
そうだけど 。
あなた

びっくりするじゃん 。

佐野玲於
あっそ ~ 。
久しぶり に 二人 で 歩く …


ちょっと 、緊張 。
玲於 は 携帯 を 触り出して 喋らない 。
この 空間 が とても 気まずい …
佐野玲於
なぁ
あなた

っ!?

佐野玲於
なに
あなた

ちょ … 急に 話さないで …!

佐野玲於
は?
あなた

いや 、これから 話すよ?とか
なんか 一言 欲しい …
急 に 話されると びっくり … する …

玲於 が 私 を


何言ってんだこいつ 。みたいな 目 で 見てくる 。
佐野玲於
っはは!
あなた

なんで 笑うのよ!

佐野玲於
お前 、ほんと 変わってね ~ な ~ 。
そう言うと 私 の 髪の毛 を くしゃくしゃ っと する 。
あなた

ちょっと!
ぐしゃぐしゃ に なるじゃん!

佐野玲於
お前 は そんなこと 気にしなくていいの
あなた

気にするし!
女の子 だもん!

佐野玲於
へぇ ~ 。
お前 が 女の子 …ねぇ …?
なに 、疑ったような目 …!!
あなた

女の子 ですっ!

佐野玲於
ねぇ 、見てこれ 。
私 に 差し出したのは 携帯 の 画面 。
あなた

服?

佐野玲於
そう 、ここ 行きたいなって 。
あなた

それって 、ここから 近いもんね 。

玲於 は 驚いた 顔 を する 。
佐野玲於
お前 、知ってんの!?
あなた

私 も 好きだよ ?
その店 。

佐野玲於
うおっ!
まじ!?
輝いた目 。


そんなに 服 に 興味 あるんだ 。


これぞ 、まさに ストイック 。


何事 も 全力 。
そういう所 … す …!?
馬鹿じゃない 。


もう 、好きになんない って 決めたの 。


玲於 には もっと いい人 が いるし 。
佐野玲於
一緒 に 行かね?
あなた

へ …?

今 、誘ってもらった …?


私 、一緒 に 行けるの …?
佐野玲於
忙しいか 。
あなた

ううん …

玲於 は ちょっと 立ち止まって 私 を 見ている 。
あなた

行ける 。
行く 。

玲於 は 笑顔 に なった 。


私 の 側 に 来て 頭 に ポン と 手 を 置いた 。


まさに 、キュン と 来るやつ 。
佐野玲於
なら 決まり。
あなた

うん 笑

佐野玲於
な ~ 。
飯 行かね?
腹減った 。
あなた

まぁ 、いいけど ~ 。

玲於 に 着いていくまま 着いた 場所 。


小さいけど 、どこか 暖かい 場所 …
あなた

ラ 、ラーメン …?

佐野玲於
いや?
あなた

いや 、久しぶりすぎて …

佐野玲於
何言ってんだ 笑
あなた

私 、ラーメン 禁止してて
最近 家 に 置いてないから
ラーメン って文字 が 久しぶりで …

玲於 が お腹 を 抱えて 笑いだした 。
あなた

へ 、変 だった?

佐野玲於
変 も 何も 面白すぎ 。
あなた

そんな 、笑わなくたって …!

佐野玲於
ラーメンダイエット か?
あなた

そ 、そう!

佐野玲於
無駄だって ~ !
そんなことしても!


かっちーん 。

あなた

いいし!
食べるもん 。

私 は 無我夢中 で 店 に 入った 。
あなた

二人 です!!

店の人
は 、はい 。
あとから 入ってきた 玲於 が
佐野玲於
怒ってんの
あなた

怒ってんの

佐野玲於
なぁ
あなた

なに

佐野玲於
怒んなよ
あなた

どの口が

佐野玲於
悪かったって
あなた

なら 、今 携帯 で 私 を 撮らないで

知ってるんだから 。


玲於 、今 私 を ストーリー に あげようと


してたんでしょ 。
佐野玲於
許してよ ~ 。
佐野玲於
あなた チャ ~ ン 。
佐野玲於
お ~ い 。
佐野玲於
餃子 1つ 分けてやるよ ~ 。
餃子 …?
あなた

2つ …

佐野玲於
ふたつ 。
あなた

なら 、許す 。

佐野玲於
お前っ 、単純 な 奴 ~ 。
あなた

ほんとに 許さないよ!?

佐野玲於
わりぃ 、わりぃ 。
店の人
はい 、ラーメン ふたつ!
あなた

わぁ … 美味しそう …

店の人
うち のは 美味いぞ ~!
あなた

ありがとうございます!

佐野玲於
ありがとうございます 。
無事 、届いて 食べる 。
あなた

おいし 。

佐野玲於
あなた

玲於 、まだ ダンス してるの?

佐野玲於
時々ね 。
あなた

ふ ~ ん …

佐野玲於
なに
あなた

別に ~ 。

忘れちゃったか 。


そらそうだよね 。


私 しか 覚えてないよ 。
玲於 には 思い出して欲しくない 。
あんな 、過去 。


























早く 、忘れちゃいたい











佐野玲於
あなた ?
あなた

あ 、なに?

佐野玲於
んでさ ~ 
その 店 でさ





今だけ を 見つめていよう 。