無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

#2_2_
(teo)
ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ


じんたん
じんたん
あなたにちょっとイタズラしない?
テオくん
テオくん
えっ...どんな??
じんたん
じんたん
えっとね...
まずあなたに、
『だぼたぼの服着て、
ミニスカ履いて?
それ着たらあなたぜ~ったい
可愛いから!!』
って言うわけ。
ここで失敗したら終わるけど、
あなたは天然だから。笑
テオくん
テオくん
うん。で?
じんたん
じんたん
でね?
えっと服着た後に、
『っていうかあなたの運動神経って
良いの??』
って言うの。
テオくん
テオくん
はぁ~い!w
じんたん
じんたん
ww
で、まずはそんなにエロ感ない準備体操みたいなやつをさせる...わけよ。
テオくん
テオくん
はいはい。
じんたん
じんたん
で、手が足の先に着くかみたいなやつあるじゃん?w
テオくん
テオくん
あ~あれね。
じんたん
じんたん
あれをさせて、その時は俺が前で
テオくんが後ろにいてね??
俺も後ろがよかったけど特別だよっ?
テオくん
テオくん
やったあ~!!
じんたんありがと!!
じんたん大好き♡
じんたん
じんたん
///
作者
作者
(たまに腐要素を入れますので☆)
じんたん
じんたん
でっ、その続きだけどっ!!
じんたん
じんたん
で、それを見るじゃん?///
テオくん
テオくん
(じんたんちょっと顔赤い...
可愛い///)
じんたん
じんたん
ておくんどした??
テオくん
テオくん
ううん、なんでもないよ!
じんたん
じんたん
で、それ終わったら次は
開脚あるじゃん、それをやらすの。
それは分かるよね?///
テオくん
テオくん
うん//
じんたん
じんたん
で、それを最後にして終わらせて、
多分ちょっと疲れてると思うから、
水を渡すの。
『はい、これ水。
っていうかあなたって
意外と運動神経...』
あ、...のとこは
良かったか良くなかったでw
じんたん
じんたん
もちろんその水には媚薬を入れといて、あなたが暑くなってきたら、
あの...ね?///
テオくん
テオくん
えっ、じゃあその後は自由?!
じんたん
じんたん
まっ、まあそういうことにはなるかな?
じんたん
じんたん
じゃあ、早速作戦実行だぁー!!
テオくん
テオくん
(じんたんかわ...♡)
ㅤ ㅤ ㅤ ㅤ  ㅤ  ㅤㅤ ㅤ ㅤ ㅤ  ㅤ









次回⇾作戦実行

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

華。🦊
華。🦊
みやなーとsalviaとあいりすしてます関西住みの妄想女子デス お気に入り190個達成ありがとうございます‪⸜(*ˊᵕˋ*)⸝‬💕✨ “ 今日も推しが尊い ”と思いながら生きてます
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る