無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

4月の香り。【第2部】
桜がヒラヒラと舞い散る4月。
今日は高校の入学式。

新しい制服を来た自分の姿に見慣れない。
思わず苦笑いしてしまう。
これから始まる新たな学校生活に胸を踊らせながら家を出た。
テオ
行ってきまーっす!
✌🐎🐇✌🐎🐇✌
じん
ふぁぁ…眠い…
春の陽気のせいで頭がぽわぽわする。

いや!ダメだ!!

今日から高校生なんだから…しっかりしないと!
俺は気合を入れ直すと、誰もいない玄関に声をかけた。
じん
行ってきます
✌🐎🐇✌🐎🐇✌
みや
じーんちゃん!おっはよ!
じん
あ!みやぁ!おはよー
みや
あれ?じんちゃんなんだか眠そうだねぇw
じん
昨日ちょっと夜更かししちゃったからかも…w
みや
ちゃんと寝なきゃダメでしょー?w
じん
えへへw
今話しているのは「みや」こと、みやかわくん。

中学に入ってから仲良くなって高校までずっと一緒だ。
みやは俺の親友って呼べる人!
みや
あ、ねぇ!じんちゃん!バス!
時間やばいよ!
じん
え?うわっ!本当だ!急ご!
バスの時間が迫っている。
俺とみやはバス停まで急いで走り出した。
✌🐎🐇✌🐎🐇✌
テオ
えーっと…俺のクラスは〜?
学校に着くと、昇降口にクラス割りが貼られていた。

俺のクラスは…3組だ。


懐かしいな、3組。
6年生以来なった事無かったから。

6年生と言えば…




俺はまだあんなガキンチョだった頃の約束を覚えている。

「藤枝 仁」

じんたんとの約束。必ず、もう1度逢いにいくって。

テオ
なんで俺こんな覚えてんだよ…w
じんたんが何処にいるのかもわかんねぇのにさ…
自分でなんとなくわかってる。
その理由は…


じんたんが俺の初恋の相手だから。
大好きだったから。
テオ
今となっちゃ…男同士ってありぇねぇよなぁ
クラスメイト1
おーい!寺島!なにぼーっとしてんだよ!
テオ
ん、あぁ!クラス行こうぜ!
俺は中学で一緒だった数人のクラスメイト達と新しい教室へ向かった。

いよいよ入学式が始まる。
✌🐎🐇✌🐎🐇✌
じん
はーっ、終わったぁ…
今日は入学式とホームルームだけの日程だった。

現在の時刻は11時30分。

もう下校の時刻だ。
みや
じんちゃん!かーえろっ!
じん
あ、うん!帰ろ!
俺はみやと一緒に下駄箱へ向かった。
みや
じんちゃん、忘れ物とかしてないよね?
じん
うん…って、…あ!!!
筆箱置いてきちゃった!
みや
やっぱりなぁw
相変わらずって感じだなw
俺ここで待ってるから取りに行ってきなよ
じん
そうする!
ごめん!ちょっと待ってて!
俺は駆け足で今来た階段を駆け上がる。
この学校は校舎が広くて迷いそうになる。
じん
えーっと…あった!2組!
俺は自分の教室に入って筆箱を取って鞄に入れる。
じん
みやも待ってるし…早く行かないと!
そう呟いて教室を勢いよく飛び出した瞬間。
???
うわっ…!?!?!?
ガツンッッ
人と思い切りぶつかってしまった。
俺は尻もちをつく。
じん
いったた…た
???
いってぇ…
って、大丈夫?ごめんな!
じん
あ、はい…大丈夫です!
こちらこそこそごめんなさい!
???
って…え?
✌🐎🐇✌🐎🐇✌
テオ
やびっ!
携帯忘れたわ!
クラスメイト1
何やってんだよw
クラスメイト2
早くとってこいよー!
テオ
おう!ちょっと待っててなー!
俺は急いで階段を上がり、3組の教室へと向かう。
テオ
あったあった!俺の携帯!
携帯を鞄にしまって教室から出て元きた道を戻る。
すると、2組の教室から人影が突然飛び出してきた。
テオ
うわっ…!?!?
??
あだっっっ!!!
ゴチン!!!
勢いよくぶつかった。

その子は尻もちを付いていた。
じん
いたた…た
テオ
いってぇ…
俺はハッとして謝罪をする。
テオ
って、大丈夫!?ごめんな!!
じん
あ、はい…大丈夫です!
こちらこそごめんなさい!
ん?
なんだろ…この声聞いたことあるよう…な?
俺はその子の顔をのぞき込む。
テオ
って…え?
思わず息を飲んでしまった。


だって、だって…そこにいたのは…












あの、「じんたん」だったから。
……To be continued
しらす
はい!遂に入りました!第2部〜高校生編〜
👏(´;ヮ;`)

どうです?1話の感想は…???

皆さんかなり楽しみにしてくれていたみたいで私、とっても嬉しいでござりまする😭💕

そういえば、私名前変えたんですよ。
わかる人はわかる…この名前。

はい、そうです、YouTubeにいます((((

…んなこたどうでもいいんだぁい!!!←

これからどんな展開になっていくのか…皆様楽しみにしてくれると嬉しいです!😂