無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

朱雀家
あなたside


朱雀家まではすぐ近くだった。
昔一度来たことがあるけど久しぶりだった。



門を開けて入ると誰かが走って来た
久遠誠一郎
久遠誠一郎
奏…!?一体どこにいって…なぜ月城がここに
朱雀奏
朱雀奏
色々あってね。
散歩に行ってたら月城さんを見かけたんだ
僕はお父様に用があるからまたね誠一郎
久遠さんに会釈だけすると朱雀さんの後に続いた
鏑木元
鏑木元
奏様…!?今までどちらへ、これは、月城さんこんばんわ。
朱雀奏
朱雀奏
元、お父様はどちらへ?
鏑木元
鏑木元
お父様なら、今お部屋へ向かわれました。
朱雀奏
朱雀奏
ありがとう。あとで事情は話すね