無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

転校生part2
竜side

転校生とか正直どうでも良かった。
だけど、そいつは兄貴の知り合いだった





兄貴の楽しそうな顔を見てなんかムカついた
あなたside

私はここの学校が普通じゃないっていうのを忘れてた
あなた

ねぇ、尊人くんもしかしてさ、授業ない?

京極尊人
京極尊人
んぁ?あたりめーだろ。自習だ自習毎時間
まじか…
あなた

暇すぎ…

京極尊人
京極尊人
帰るのも自由だし、遊び行くか?
あなた

んー、あ、じゃあ玄武高校案内してよ

京極尊人
京極尊人
お、いいぜ。竜ちゃんも一緒行くよな!?
竜ちゃんと呼ばれた人は少し不機嫌そうだった
京極竜
京極竜
なぁ、あんた。兄貴に馴れ馴れしすぎ
えっ…兄貴?尊人君の?なんか、ちょっと怖そうな感じの弟くんだな
あなた

あ、ごめん。

京極尊人
京極尊人
いいんだよ!あなたは昔からの知り合いだし、竜ちゃんは心配性なだけ
よし、とりあえず玄武高校回るか!
あなた

うん!

そういうと尊人君はいろんな場所を案内してくれた
すると
京極尊人
京極尊人
次最後なんだけど、俺たちのお気に入りの場所なんだ
そういって連れてこられたのは屋上だった
あなた

なんか、懐かしい。
1年しか経ってないのに随分前のことのような気がするなぁ。

京極尊人
京極尊人
そういえばあなた、なんで玄武に来たんだ?
聖ブリリアントに通ってたんじゃねーの?
尊人君にそう言われて、起きたことを全て話した
京極尊人
京極尊人
朱雀奏…。なんでよりによってあの王子なんだよ
あなた

尊人くん知り合い?

京極尊人
京極尊人
朱雀奏は…