無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

お母様
あなたside

私は、聖ブリリアント学園に通う令嬢だった。
そう、あんなことが起きるまでは。






あれは高校1の夏休みだった。
お母様はいつも通り仕事で海外に行っていた。





そんなある時、一本の電話があった
お母様が、事故に巻き込まれて、亡くなってしまったという事。




それからお父様もおかしくなり、新しいお義母様がきた。
お父様が連れてきた




それから私の居場所は無くなってしまった。
お父様も冷たくなり、お義母様は私に見向きもしなかった。




そんなある日私はもう耐えられなくなった。

あなた

もう無理!こんな家にいられない!
出て行きます。

お義母様
勝手にしなさい。あなたは私の娘でもなんでもないんだから
娘でもなんでもない。
わかってても辛かった。所詮この女はお父様の金目当てなんだ


私は部屋に行き必要な荷物だけまとめて家を飛び出した
お父様
まて…!
お父様の声が聞こえた気がしたが、それを無視して私は家を出た。