無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

1日目終了
更新遅れてすみませんでした!!















あなたside


学校が終わり、尊人に用事があるから今日は帰れなくてごめんといわれ、2人と校門で別れた。




私は歩いて帰っていると目の前にリムジンが止まった。
あなた

まさか…ね

そのまさかだった。
後ろの席の窓が開くと
朱雀奏
朱雀奏
あなたさん、家まで一緒に帰りましょう
そういうと久遠さんと鏑木さんが降りて来て私を無理やり車に乗せた
あなた

あの…別に私歩いて帰るので、送っていただかなくても良かったのに

久遠誠一郎
久遠誠一郎
奏がせっかく送ってくれると言ってるんだ。
君はもう少し可愛げはないのか
可愛げって…私はただ迷惑だと思って言ったのに!!
私は相変わらず久遠さんのその言い方が嫌いだった
朱雀奏
朱雀奏
女性1人では危ないですし…それにあなたさんもう家族も同然ですから
あぁ、相変わらず朱雀さんは王子様だな…
あなた

朱雀さん…何から何までほんとにすみません

そういうと朱雀さんは
朱雀奏
朱雀奏
あの、朱雀さんではなく奏って呼んでくれませんか?
あなた

えっ、そんな朱雀さんは朱雀さんですよ

朱雀奏
朱雀奏
どうかお願いします。家族なんだから、敬語も、さんもなしにしてください
あなた

わかりました。
なら朱…奏も敬語なしでさんもなしね

朱雀奏
朱雀奏
はい!
奏ってこんなに素敵な笑顔するんだ
って私何言ってんの!



















なんか順番おかしくて申し訳ない!