無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

D I K .


You 『 』
DIK 【 】









わたしの 彼氏は 、重岡大毅 って 人






『 楽しいねっ 』


【 そーやなぁ 笑 】


『 あっ 、照れてんの ~ ?? 』


【 て、照れてへんし ~ // 】



そう言ってるくせに 耳が赤い

だあ 。それに 繋いでる手が 熱くなってる 。

ほんと カッコイイ のに かわいいとか

反則だよね … っ //

















『 あ、今日 夜ご飯どーする ?? 』


【 予約しといた 】


『 あ、ありがとう … // 』


【 にひひ 笑 照れてんの~?? おいおーい】



そんなこと 言いながら わたしの ほっぺを

手を繋いでない方の手で つんつんしてくる



『 照れてない っ !! // 』


【 りんごちゃんに なってんで ~ 】


『 っ … !! も、はやく いこっ !! / 』


【 素直じゃないなあ 笑】


『 素直ですう ~ !! 』


【 嘘つけえ !! 】


『 嘘つきません ~ だ』


【 いったな 、いったな ? 】


『 ごめんなさい 、多分 守れません 』


【 は、それ あかんやろ 、笑 守れよ 笑 】























なんやかんや ありつつも


個室の レストランに 到着 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

し の ( 低
し の ( 低
更新 ちょい 遅め すとーんず と うえすとくん を 好きなだけ ⸜❤︎⸝‍
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る