無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

N Z M .


You『』
NZM 【 】























『 寒い … 』


























今日 は わたしの住んでる街 で

今年一番 の 寒波到来 。




































『 はあ … 』





































ため息までも 白くぼやける 。




















































『 のぞむ … 』










いつもより やけに 寒いのは


君が隣に 居ないせいなのかな … っ














































ガチャッ







『 ただいま 〜 … 』











前だったら おかえり ! って

言ってくれる人が いたんだけどな …












『 は 〜 はあ … 』



ベットに 思いっきり ダイブ 。










































今年の 冬は 君がいないから

うまく 笑えそうにないです 。





















 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄











休みの日 の 午後昼下がり 。


わたしは 洋服屋さんに いって

ジャンバー を 買いに行った 。

そしたら 、






































『 え … ?? 』




わたしは すぐ近くにある マネキンの

後ろに隠れた 。










そこには 、






【 んー … 】




そういって 洋服を見ながら

言っている のぞむ が いた 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

し の ( 低
し の ( 低
更新 ちょい 遅め すとーんず と うえすとくん を 好きなだけ ⸜❤︎⸝‍
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る