無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

A K T .


You 『』
akt. 【 】












『 ありがとうございました~!! 』





わたし 、双葉 あなた は


コンビニ で バイト を してます !!




すっごく 楽しいんです 。 笑


なぜかって? それは …














あ! きた!










『 いらっしゃいませ!! 桐山さん!』


【 おお!あなたちゃん! 】






そう 、わたしが バイトを入れてる日 は

必ず来てくれる 桐山さん


わたしは そんな 桐山さん に

密かに 思いを寄せています …



あ! ナイショですよ!?





【 今日は 何時からいるの? 】


『 今日は~ 18時 からいます! 』


【 頑張ってるなあ ~ 】


『 そりゃあ 仕事ですからね ~ 笑 』


【 ははっ笑 そりゃそーよな 笑 】


『 ふふふ 笑 』






こうやって 話すのが わたしたちの 日課 。


桐山さん は わたしが 働き始めた時から


いつも きて … 笑


自然と 仲良くなった 感じです







【 あ、これ お会計 お願いします ~ 】


『 あ!はい! 』




ピッ




【 あなたちゃん? 】


『 はい? 』



ピッ




【 このあと 時間ある?? 】


『 えっ? 』









その一言 で


レジを打っている わたしの 手が止まった








【 あ、え、無理? 】


『 いや!あ、あの!全然大丈夫です! 』


【 ほんまに? じゃあ 待っててええ?? 】





今の時間 は 20時15分 。

今日 は 20時 30分 に 仕事が終わる 。


まっ、大丈夫 かな?





『 15分 まっててくれますか ?? 』


【 おん!ええよ~ 】


『 じゃあ そっちの 飲食スペースで 待っててください 笑 』


【 あ!先にお会計!! 】


『 あ!そうだった!! 』


『 【 ははははっ笑 】』















































【 じゃあ まってるな 】


『 はい! 』




















なんだろうなあ …


あ 、 そういえば …

桐山さん この前 好きな人出来た って

言ってたし …


相談かな ??


大丈夫 、相談されても 泣いちゃダメ








そう心に 誓い 、 仕事が終わった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

し の ( 低
し の ( 低
更新 ちょい 遅め すとーんず と うえすとくん を 好きなだけ ⸜❤︎⸝‍
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る