無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

D I K .








【 やから はよしてーよぉ … 】



今日 は 甘えたな だいき 。

どーしたんかなあ …




『 うん、わかった だから ちょっとまってて? 』


【 じゃあ 手伝う ~ 】


『 え!いいって! 』


【 いいの 、たまには せんと 笑 】


『 ええ … なんか ごめんね?? 』


【 あ、じゃあ 手伝ったら 俺の言うこと聞いて? 】


『 うん 、! いいよ ?? 』


【 おっしゃ ! 】



























































【 いただきます !! 】


『 いただきまーす !! 』


【 んん!! んまい!! 】


『 ありがとうね ?? 』


【 ううん !! あなたには 、いつもお世話なってるからなあ 】


『 えへへ 笑 』


【 なあ あなた 】


『 んんー? 』










そう言いながら キッチンに

お茶を とりにいってたら









【 言うこと聞くんやんな?? 】


『 あ!そうだった … 』


『 なにを 聞けばいいの … ?? 』


【 んん~ あ! じゃあ 】







どーせ だいきのことだから

【 変顔ー! 笑 】 とか

言うんだろーけどね …


どうゆうことでも 聞こう 、

そう思って覚悟してたら …













無言で 席からたって こっちに来ている

だいき





だんだんと 近づいてきて


壁へ 追い詰められ






『 だ、だいき … ?? /// 』


【 「一生だいきについて行きます」って言って??】


『 えっ…??//』


【 はーやーく 】







もう 、急にSに なるんだから っ ///





『 い、一生 だいきに つ、ついて行きます … っ ////』


【 よくできました 】((ヨシヨシ












今日 も こんな だいき と 平和に暮らしています

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

し の ( 低
し の ( 低
更新 ちょい 遅め すとーんず と うえすとくん を 好きなだけ ⸜❤︎⸝‍
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る