無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

J Y T .



You 『 』
JYT 【 】











『 あ、いた! 』










ここは ここらへんで 一番綺麗な

イルミネーション の 駅 。

わたしの 彼氏の 淳太くん を 探してたら









『 おまたせっ!まった? 』


【 ううん 、全然 、? 笑 】








そんな こと言いながら 結構待ってたの

わかってるよ 、?






【 あ、これ 、! 】


『 え!ありがとう !! 』









わたしに 笑顔で コーヒーを渡してくる 淳太くん 。








『 うわあ 、これ カフェラテ … 』


【 そー ! あなた好きやったよな ? 】


『 うん!よく知ってるね … 』


【 そりゃ 、2年目だし ?? 笑 】


『 ふふっ 笑 そうだね 笑 』


【 よし、じゃあ 行こっか 】


『 うん!! 』





























今日は 雪降る 冬 。

























『 ふぇっ … !// 』




そっと 私の手を 握った 淳太くん 。









【 寒いやろ 、? 笑 】


『 うううう 、うん 、そーだけど 、// 』


【 なに、恥ずかしいん ? 笑】


『 ぜ、全然 !? // 』


【 ふふっ笑 かわいーなあ 笑 】


『 っ … /// ね、どこ行ってるの ? 』


【 どこやろね ~ ?? 】


『 教えてよー!! 』


【 んー ひーみつ 笑 】














今日の 淳太くんは いつもより

カッコよくみえるな …

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

し の ( 低
し の ( 低
更新 ちょい 遅め すとーんず と うえすとくん を 好きなだけ ⸜❤︎⸝‍
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る